7月16,17日に研修会を行いました。(看護科ブログ)

7月16日 医療安全研修会

 院内全スタッフを対象に,医療安全研修会を行いました。

 今回の研修では,「KYT」という危険予知トレーニングの手法を用いたグループディスカッションを行いました。内容は,各部署の何気ない箇所の写真を題材に,どこに危険が潜んでいるか,どんな危険が予測されるか,どういう改善策が必要かなどを話し合い,発表するというものです。

 目の前の現象から危険を予知する力をつけるトレーニングでは,普段何気なく通っている廊下や,浴室,採血ルームや点滴室などを,多職種の視点から見ることで気づきも多く,各グループで新たな発見がありました。

 日頃の業務を振り返ることで,身が引き締まりました。また,安全面に於いて,先入感がマイナスに作用する面があることを学びました。

 9月には各部署で設定した目標を実践し,評価・発表する予定です。

1

 

7月17日 看護科レベル4経年研修会

 看護科レベル4経年研修会では,主任,看護専門員,主任看護専門員に分かれ,それぞれが立てた目標について今後の計画を発表しました。

 当院では,ベナー看護論に基づき,教育研修を行っています。

 レベル4になりますと,看護の役割モデルとして,専門性を発揮し,創造的な看護実践が現場で展開できるよう意識し,行動していかなければなりません。より,全体を見て行動することが要求されます。

 この日は,各スタッフが考えた看護の展開内容を,お互い,良いアドバイスを送りながら計画が実践できるよう話し合いました。

 各セクションでの問題点,改善点,良い点などを把握して,今後もよりいっそう,患者さまの健康と暮らしを支える病院として,努力していきたいと考えています。

 これから,計画を実践していき,10月には中間発表を行います。来春には,計画内容が実践されて,また魅力的な病院づくりができるよう,この取り組みを継続していきます。

 病院とともに,看護スタッフ一同,節目を大切に,成長していきたいと思っています。

2

(看護科ブログ)