8月20日に「ナラティブ研修会」を行いました。

 ナラティブとは「物語」のことで,患者さまやご家族との看護体験や,自身の思いなどを語り合う研修を「ナラティブ研修」といいます。

 この研修会の目的は,私たちの日々の看護実践を語り合い,振り返ることで自己の看護観を磨くとともに,質の向上を図ることです。日々の看護業務での一場面を大切に,そして私たちの看護実践を論理的に具現化できるレベルに達するための学習となります。

 テーマは“今私が大切にしていること~帰納的アプローチと概念化プロセス~”です。

① ②

 各部署の看護師より,印象に残ったナラティブな場面や状況が言葉で語られます。回を重ねるごとに,発表内容はストーリー性が明確になり,ナラティブとして読み取れる内容が濃くなってきたように思います。

③ ④

 ナラティブ研修では,私たちの看護実践の意味が確認できます。そして,ナラティブ・アプローチは,患者さま,そのご家族への看護エネルギーの源といってもいいかも知れません。

 これからも,思いやりのある看護を目指して活動していきたいと思います。

⑤

(看護科ブログ)