BLS(一次救命処置)研修(看護部ブログ)

 当院では,全看護師を対象にBLS(Basic Life Support:一次救命処置)研修を行っています。

 講師は,当院の救急看護認定看護師 村上 毅が務めています。年間計画により数回に分けて,少人数制のグループで実施します。基本概要から始まり,実際のBLS,AED(除細動器)について研修します。

1 2

 はじめに,講義形式で学習し,そのあとチームに分かれ実践しました。

 講師の村上からは,様々な場面を想定しての実践を求められ,各自考えながらの実践となりました。病院内であっても,お風呂やトイレ,廊下やベッド上など,様々な環境があります。具体的な例を挙げての実践になるので,普段の業務では気づいていなかった発見もありました。

3 4

5 6

 日ごろから,こうした訓練と再学習をすることで,BLSを再認識し,確実な看護に繋げていきたいと思っています。またこうした研修を受講することで,あらためて身の引き締まる思いもしました。

 

 講師を務める救急看護認定看護師の村上からのコメントです。

 

県立安芸津病院の救急蘇生教育を担当して

県立安芸津病院 救急看護認定看護師 村上 毅 

 本年度(平成27年度)より安芸津病院に異動して参りました。

 当院においては,平成27年度4月早々より,看護部および教育委員会の配慮もあり,救急蘇生研修を担当することとなりました。今年度の目標は,全看護師スタッフへの救急蘇生研修の実施による技術の習得であり,スタッフの協力により順調に毎月1回90分の研修が実施できています。

 この研修を通じて,県立安芸津病院の看護スタッフに真剣に講義を聞いてもらい,演習では迫力ある実践と,県立広島病院とはまた一味変わったパワフルさを感じる研修となっています。わたくし自身スタッフからエネルギーをもらっています。

 私は2001年より県立広島病院の救命救急センター,救急外来に勤め,2次から3次救急患者,ドクターヘリ対応を中心として初期対応から重症患者管理まで対応させていただいておりました。そこで培ってきたスキルの一つでも安芸津病院で還元できるよう努めていきたいと考えております。みなさまよろしくお願いいたします。

 

 

 県立病院は,広島(宇品)と安芸津にあります。広島は2次から3次までの高度急性期病院,安芸津は,2次救急のある地域密着型病院です。両病院間で人事異動があり,スタッフが入れ替わりますので,研修を通してお互いの病院のスキルの共有を図っています。このような研修により,広島病院の強みを安芸津のスタッフが吸収し,また,安芸津病院の強みである退院支援や地域医療などについて情報共有を行うことで,互いの長所を学び合うことができます。

 異動にはストレスもつきものですが,異動することで,これまで見えていなかった出来事に気づいたり,考え方が柔軟になったりして,人間的にも成長できると思います。(逆境にも強くなったり・・・)互いの強みのある病院に携わることによって,経験も豊かになり,よりよい看護に結びけることができると思います。

 安芸津病院スタッフ一同,これからも努力を重ねていきたいと思いますので,よろしくお願いします。

(看護部ブログ)