kansen_title

感染症への対策

感染症対策の取り組みについて

当院では,安心して皆様に医療を受けていただけるよう,以下のような院内感染対策を実施しています。また,院内での感染症防止のために,患者さまやお見舞いの方へお願いをすることもありますので,御理解のうえ御協力をお願いします。

手指衛生などの感染対策

患者さまの診療や看護の前後には,手指消毒や手洗いを行います。
また,必要に応じてマスクや手袋などを着用し,診療を行います。

サーベイランス(感染症発生状況の調査など)

耐性菌の検出状況や院内での感染症の発生動向を調査しています。

耐性菌防止のための抗菌薬の適正使用

抗菌薬が効かない菌の発生を抑制するために,抗菌薬の適正使用につとめています。

職員教育

職員に対し,院内感染対策に関する研修を行っています。
また,院内を定期的に巡回し,適切に対策が実施されているか評価しています。

地域連携

地域の医療機関と情報交換を行うことにより,感染症発生動向を早期に把握できるように努めています。

感染症対策委員会(Infection Control Team: ICT)

kansen01

 感染症対策委員会(ICT)は,院内感染に関わる問題点を協議する組織です。月1回の部会,月3回の院内巡視を定期的に行い,抗生剤の使用状況,耐性菌の発生状況の把握などを行っています。病院職員の健康管理,感染予防対策も行っており,年2回の感染対策講習会もあります。

講習会には院外の医療関係者の方も参加可能なものもありますので,奮ってご参加ください。講習会の案内は随時,ホームページ等に掲示していきます。

地域の医療関係者のみなさまと共に,感染症対策を充実できるように頑張っていきたいと思います。